誰でも可能!ボトックス注射の魅力【ハードルの低い施術】

即日治療も可能

医者

施術に向けた準備と留意点

施術日をカウンセリングと違う日に設けている美容整形外科もありますが、ボトックス注射は即日治療を受けられるクリニックが多くなっています。ですから当日の治療を希望するなら、カウンセリングへ向けて入念に準備しておくことが欠かせません。カウンセリングでは利用者の質問にもクリニック側が受け答えしてくれますから、何か不明な点がある時は、聞き忘れないようノートなどに書き留めておきましょう。そのほか、自分の要望もドクターに伝えられるため、なりたいフェイスラインや、改善して欲しいポイントなどがあれば、同様に書いておきます。それらは頭に置き留めておいても良いのですが、カウンセリングではボトックス注射の説明をはじめ色々な話が出ますので、ともすれば忘れてしまう場合があるのです。そこで紙やスマホなどに箇条書きで良いのでメモしておき、準備した物を持参すれば話しそびれずに済みます。また、カウンセリングを申し込む際、即日施術を希望していることを伝えておけば当日がスムーズです。仕上がりの美しいボトックス注射を期待するなら、治療前後のアルコール摂取には気をつけておきましょう。ボトックス注射は内出血といった副作用があり、その発生にはアルコールも深く関わっています。内出血はボトックスを注射する際、針が微細な毛細血管をかすめたりすることで生じる現象です。とはいえ実際に内出血が起きるのは稀有なため、ほとんど心配する必要はないのですが、お酒を飲んだりして血行が良くなっている時は注意しなければなりません。そのため施術後はドクターから控えるように指示されますが、念には念を入れ、施術前も飲酒は避けておいた方が良いでしょう。そのほか、ボトックスの注射後はしばらくの間、注入した所をあまり触らないようにします。とくに小顔治療やシワ取りで顔にボトックス注射を行った場合、メイクオフの時に気をつけておきましょう。医師の注意事項を聞いて強く押してはいけないと理解していても、メイクオフの時などは普段の流れで強めに擦ってしまう場合があります。ほかの部位へボトックスが移動すれば効き目が下がるため、留意しておきたいポイントです。